×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

正しい口臭対策と口臭予防方法を紹介します

タバコが原因の口臭

タバコによる口臭の原因として考えられるのは、以下のパターンです。

 

 

1つ目は喫煙者の口内は、慢性的に粘膜が乾燥しています。
これにより、口の中の唾液の分泌量が減少して、
口臭の原因となってしまうのです。
またタバコは、ドライマウスの原因だとも言われています。

 

 

2つ目は、タバコそのものの成分である、タールやニコチンの臭い自体が、口臭の原因となるパターンです。
そもそもタールやニコチンは、歯や舌苔に付着しやすく、
歯磨きだけでは、ヤニがきれいに取れません。
舌苔専用のクリーナーを使うのが効果的です。

 

 

また、タバコは、血液の循環や、新陳代謝に悪影響なので、
体の不調による口臭の心配もあります。
病的で臭いがあると言われている、黄色の舌苔(ぜったい)も、
タバコが原因です。

 

 

また、タバコは、歯茎の血行を悪くさせるので、歯が抜けやすくなり、
歯周病の原因にもなるものです。
タバコは、口臭を発生させる原因や歯の健康を害する可能性をいくつも
持っているのです。

 

 

スポンサードリンク