×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

正しい口臭対策と予防方法を紹介します

悪玉菌と善玉菌

悪玉菌は腸内にある動物性タンパク質を好んで食べます。
そしてタンパク質が分解されることで、有毒なガスが発生し、
この有毒なガスが腸から血管を通って、肺に侵入してきます。
最終的に、肺の中にある有毒なガスが口臭となって、
外に出てくるので、臭うのです。

 

 

悪玉菌の代表格としては、大腸菌やブドウ球菌がありますが、
この悪玉菌を退治するために、戦ってくれるのが、善玉菌です。

 

 

腸内の善玉菌を増やすためには、大豆ペプチドなどを含んだ豆乳や
ヨーグルトを飲むことが有効です。
体内の善玉菌を増やし、悪玉菌を退治しましょう。

 

 

悪玉菌を長い間腸内に放置してしまうと、腸の中はばい菌が滞留し、
その結果、腸の働きが低下してしまい、便秘になるという負のスパイラル
に陥ります。
そんなことにならないように、善玉菌を大量に体内に流し込み、腸の中から、きれいにしましょう。

 

 

善玉菌の働きで、悪玉菌を退治することで、口臭も体臭も、便秘も改善されるので、心も体も、スッキリします。

 

 

また、善玉菌は善玉菌を呼び寄せるという性質があります。
善玉菌を増やすことで、どんどん善玉菌が増え、逆に悪玉菌は減るという
好循環が生まれるのです。
できるだけ、善玉菌を、意識して摂る様にしましょう。

 

 

スポンサードリンク